持ち家を空けるなら|賃貸管理会社を比較しよう|優秀な会社を見つける
ウーマン

賃貸管理会社を比較しよう|優秀な会社を見つける

このエントリーをはてなブックマークに追加

持ち家を空けるなら

内観

出張や転勤が多い仕事に就いている場合、持ち家を長い間空けてしまうことが多くなります。空いている期間が長いと、家の老朽化も進んでしまいます。その為、家を空けることが多い場合には、リロケーションがおすすめです。リロケーションとは、家の所有者が家を空いている期間に、賃貸として第三者に貸し出すことです。家の老朽化を防ぐことが出来る上に収入を得られる為、年々リロケーションを行なう人が増えています。

リロケーションは2003年に可能になりました。それ以前は、リロケーションを行なうことができず、空き家にしておくか、完全に家から退去して賃貸物件にするという方法しか取れませんでした。しかし、一度賃貸物件にしてしまうと、出張先や転勤先から戻った際に居住することができません。なので、リロケーションは画期的な不動産活用方法として注目されたのです。

実際に、リロケーションを行なう場合、借り手側との仲介を行なってくれる不動産会社を見つけなければ行けません。そして、契約期間や家賃、敷金礼金の金額を決定していき、その条件を元に入居希望者を募集します。契約期間によっては希望者がなかなか見つからないこともあるので、家を空ける期間が決まった時点で不動産会社に相談するなど、早めの行動が重要になるでしょう。また、リロケーション会社によっては、サブリースを行っている会社もあるので、一刻も早く契約を結びたい場合には、サブリースを行っているリロケーション会社と契約することも1つの手段として覚えておきましょう。